いち はじめの、パンくず

いち はじめのだいたい日記、詩、短歌を書くところ。

好きな詩人を全部載せる-20201206追記

お題「わたしの宝物」

 

好きな詩人、気になった詩人、好きな歌人、こつこつメモしつづけたものを書いておきます。

これらはわたしの宝物〜

 

※作者のあとにすぐ「」でくくられているのは作品のタイトル、さらにその後に(「」)で書かれているのはその作品が収録されている本のタイトルです。

 

※作者の名前のあとについている*印は、わたしの好き度です。石垣りんが大好きです。

 

----------------------------------------------

 

石垣りん***

だいたい好きなのでタイトルなど割愛

小池昌代*「円環」(「野笑」)

・高橋順子

谷川俊太郎**「臨死線」(「トロムソコラージュ」)「隙間」(「詩に就いて」)

茨木のり子* 「行動について」「この失敗にもかかわらず」「最上川岸」「落ちこぼれ」「汲む-Y・Yに-」「橇」(「歳月」)

丸山薫

佐々木幹郎「鏡の上を走りながら」(「鏡の上を走りながら」)

中原中也

岸田衿子

・松下育男*

黒田三郎

井坂洋子 **「地に堕ちれば住む」「地上がまんべんなく明るんで」「山犬記」(「箱入豹」)

川口晴美

・和田まさ子*

野村喜和夫

・池井昌樹*「揚々と」(「冠雪富士」)

入沢康夫

・水下 暢也

・松浦 寿輝**「人外詩編8」(「現代詩手帖連載詩」)「through」(「afterward」)

・浜江順子

・日吉千咲

和合亮一「僕が転校してくる」(「廃炉詩篇」)

・川田綺音**「カサブランカ」(「それは 消える字」)

・古溝真一郎

目黒裕佳子

・中本道代

・清岳こう

白鳥央堂

・仲田有里

杉本真維子*「他人の手鏡」(「袖口の動物」)

・岩佐なを

・作田教子

・新保 啓

・吉田文憲

・管 啓次郎

・岡本 啓*「コンフュージョン・イズ・ネクスト」(「グラフィティ」)

川崎洋 「にじ」「どうかして」「ゆうやけの歌」「五月」「私の唄」「日記より」「言葉・その他」

日和聡子「亀待ち」(「びるま」)

藤井貞和 「鹿(「のうた・・・ (ことばのつえ、ことばつえ」)

水無田気流「東京水分」(「音速平和sonic peace」)

安川奈緒「玄関先の攻防」(「MELOPHOBIA」)

・城戸朱里「幻の母」(「幻の母」)

福間健二「野原に落ちてゆく」(「青い家」)

石牟礼道子「精霊たちの浜辺」(「祖さまの草の邑)

杉本真維子「置物」(「裾花」)

・マーサ・ナカムラ「青々と続く通せんぼ」(「狸の匣」)

・尾久守侑「デジタル」(「ASAPさみしくないよ」)

最果タヒ「蚊」(「恋人たちはせーので光る」)、「愛の縫い目はここ」(詩集、全部好きだった)

・蜂飼耳**「甘くて、」(「顔をあらう水」)

・作田教子「消尽点」(現代詩手帖9月号p137)

・そらしといろ「フィルム」(現代詩手帖9月号p148)

林芙美子「苦しい唄」(蒼馬を見たり)「鯛を買う」「女王様のおかへり」「灰の中の小人」「秋のこゞろ」「ほがらかなる風景」(鯛を買う)「酔ひどれ女」「乗り出した船だけど」「赤いスリッパ」(いとしのカチューシャ)

 ・海老名絢



短歌

岡野大嗣*

笹井宏之*

 

------------------------------

 

記載ミスがあったらすみません。

良い言葉がたくさん。ふふふ。